2015/02/22

市役所前で

2月22日(日)
 
 なんやかやと用事をしていると、こんな時間になってしまいました。22日午前11時10分から、木津川市役所横で、府会候補の松田さんが街頭演説をします。久しぶりに参院議員の倉林さんも(来るはず)。たまに国会の関係で来れなかったり、違う人になったりですが…。

 なんだか天気予報では、お天気があまり良さそうでもないので、心配です。主役は松田さん、私は横でニコニコしているだけです。でも、ぜひ聞きに来て下さいね。


今期、最後の定例議会

2月20日(金)

 今日から定例議会が始まりました。新年度予算が主な議案になりますが、4月に選挙があるところは、だいたいが「骨格予算」になります。
 初日に議案提案が市長からされます。細かい説明は担当部長が行ない、それぞれ「委員会付託」になります。今回は45件と、かなり多く大変です。
 なぜ、この議案が今議会に出て来たのか、方向性はどのようなものなのか、市民にとって必要なのか負担にならないか、などを聞きます。市長に直接聞くことができるのが、この日だから。細かな金額の根拠などは委員会の中でやり取りをします。

 議員になってすぐの頃は、初日の質問の意味がよくわからずにいました。細かい話が聞きたくなるのを押さえて、その議案の持つ重要性を聞き取る。市民のためのものかどうかが一番の判断基準です。もちろん、出してくる市長の側も「市民のため」に提案するのですが。
 
 いろいろな市民がいて、たくさんの願いあって、いろいろな議員がいます。今期、最後の定例議会を精いっぱい頑張ろうと思います。

2015/02/16

ちょっと遠い府立体育館

2月15日(日)

 今日は府立体育館で、山下書記局長を迎えての府民大集会が行なわれました。木津川市・東部3町村からもバスを2台準備して、5人候補者も乗って参加してきました。





 いっせい地方選の候補者が壇上で紹介されました。5人の顔ぶれは4年前と同じです。木津川市からは、酒井・森岡・宮嶋・西山、和束町からは岡本さん。同じバスではなかったですが、精華町の松田たかえさんも今回は府議会予定候補として参加です。
 気持ちをあらためて、みんなでエールを交換しました。


2015/02/07

間近になってきた卒業と選挙と議会と



2月7日(土)

 昨日は朝から木津高校のマラソン大会があり、PTAのぜんざいサービスのお手伝いに行って来ました。うちの息子は3年で卒業、マラソン大会は1・2年生だけなので走っていないんですが…。PTAの関わりもこれが最後の行事で、あとは卒業式だけ、寂しくなります。

写真を撮ると嫌そうな顔をする息子
 先日、党派は違いますが元議員の先輩から、「選挙は何と言ってもドブ板に徹する事。日頃の活動と声かけが大事だから」とメールをいただきました。ほんまやなぁと思いつつも、何やかやと用事が入ってきて、「どぶ板」に徹することができない。本音を言えば焦りがあります。また、どの選挙でも「家族の理解、本人の健康」が「本人の決意」より大事なのかも…
 4年前の私が決意した時はの「家族の理解」は、「どうせ決めてるんでしょ」と、あきらめさせていたのかも知れませんが…。今は全力投球。家族も応援してくれています。ただ、忙しい日が続くと、息子の昼ご飯なんか悲惨な状況です。学校にお弁当を持って行ってた時の方がましですね。またまた息子から「母親失格」と言われそうです。

 いよいよ、来週20日からは議会が始まります。その合間を縫うように息子の卒業式。娘の卒業式と引っ越し。「母親業」も少しずつ事業の縮小です。

 

2015/02/05

気持ちが冷え込んでしまう週

2月5日(木)

 昨日が立春、なのに今週は寒い日が続いています。そう、今週はショッキングな事件からスタートしました。コメントのしようがないような事件が続いています。
 湯川さんだけでなく後藤さんの殺害、国内でも19歳の女子大生が殺人を犯していました。今日、和歌山では小学5年生の男児が通り魔に切りつけられて死亡する事件。

 先日テレビで「イスラム国」に傾倒する若者のことを紹介した番組を見ました。自分たちの信じる「神」を侮辱するものは「死に値する罪を犯している」と。死に値するから殺しても構わない。なんでそんな風に直結するのかが、理解できません。
 地球上にはいろんな人たちが暮らしていて、違っていても当たり前。違いを認めながら、支えあって暮らすことは、平凡であり平和であると思うのですが…。気の重い事件が続きます。
 
 早く暖かい日が訪れて、みんなで春を感じたいと強く思います。

2015/02/01

健康と平和と大切なもの

1月31日(土)

 今週もいろいろありました。10月に受けたCTで「肺がんみたいに見えるようなもの」が写っていると言われました。「3ヶ月後にもう一度CTを撮って比較して確認しましょう」との事で、今週結果を聞きに行きました。
 「小さくなっているから、違うようですね」
 人間とはおかしなもので、「ガンかもしれない」と言われたら、自分で「そういえば最近疲れやすい」とか「熱っぽい」とか、果ては「物忘れがひどくなってきた気もする」などなど。いろんな事象を病気とつなげて考えようとします。若いから進行が早いとしたら「3ヶ月」なんて日をあけていいのか、50代は若いのか若くないのか。
 「ガンではない」と言われた途端に、「やっぱりそうだろうと思った」と。でも、自分の体(健康)に責任を持っていたわりながら毎日を過ごさないといけないとも思いました。

 健康と平和と、大切にしているものは、なくなりかけたり脅かされた時に改めてどれだけ大事かを思い知らされます。責任を持って守りたいものでもあります。