2015/02/01

健康と平和と大切なもの

1月31日(土)

 今週もいろいろありました。10月に受けたCTで「肺がんみたいに見えるようなもの」が写っていると言われました。「3ヶ月後にもう一度CTを撮って比較して確認しましょう」との事で、今週結果を聞きに行きました。
 「小さくなっているから、違うようですね」
 人間とはおかしなもので、「ガンかもしれない」と言われたら、自分で「そういえば最近疲れやすい」とか「熱っぽい」とか、果ては「物忘れがひどくなってきた気もする」などなど。いろんな事象を病気とつなげて考えようとします。若いから進行が早いとしたら「3ヶ月」なんて日をあけていいのか、50代は若いのか若くないのか。
 「ガンではない」と言われた途端に、「やっぱりそうだろうと思った」と。でも、自分の体(健康)に責任を持っていたわりながら毎日を過ごさないといけないとも思いました。

 健康と平和と、大切にしているものは、なくなりかけたり脅かされた時に改めてどれだけ大事かを思い知らされます。責任を持って守りたいものでもあります。
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿