2015/04/30

明日から5月

4月30日(木)

 先週は議員選挙がなく拍子抜けしたような1週間、その影響も有ってかかなりの低投票率となりました。感覚的には直前の府議選よりも低いと思っていたのが、かろうじて上回っていた市長選挙の投票率でした。
 26日の市長選挙等開票日を終えて、27日の当選証書付与式、議員初顔合わせ。今日は朝から全員協議会があって、午前中に会派届けの提出となります。4人の議員団として、本格的にスタートです。引き続きのご支援をお願いします。

 明日から5月。各地で「働く人の権利を守れ」と、メーデーが行われます。メーデーに参加するようになってから特に、5月1日は故郷高岡の雅やかで勇壮な「御車山祭り」を思い出します。明日は木津川市も高岡も良いお天気になり晴れそうです。

 

2015/04/25

明日は市長選挙の投票日です

4月25日(土)

 19日から始まった市会議員選挙と市長選挙。市議選は酒井さんの言葉を借りれば、初日に「レフェリーストップ」。知り合いの人の中でも、選挙自体もなくなったと思っているのが気になります。
 大切な市長選挙があります。新しい風を吹かせて、チェンジさせましょう。

 府会選挙とはうってかわって、暑い日が続いた今週でしたが、今日も暑かった。3時から梅美台西交差点でプラスター宣伝をしました。「市民が主役の木津川市をつくりましょう」「26日は投票日です」と、みんなで順番に大きな声を出しました。

 相手陣営は自民・公明・民主などすべての市議を総動員して宣伝しています。そんな状態で本当に議会で活発な意見が出るのか、今から不安です。
 プラスター宣伝などを終えて解散する時に、ちょうど呉羽さんの候補者カーが通っていきました。古いしがらみのある市長はいりません。がんばれ、がんばれ、くれはさん。

2015/04/22

無投票当選って…

4月22日(水)

 4年前は選挙に入ったらブログは書けませんでしたし、当選お礼も書き込んではいけないことになっていました。4年経つと少しずつ変わってきましたが、一番大きな違いは「無投票」になったこと。

 18日に事務所開きをしましたが、その時すでに朝刊で「木津川市と京田辺市は無投票の可能性あり」と報じられていて、正直複雑な心境でした。それでも近所の人やお手伝いに来て下さって人たちに囲まれて、「26日の投票日まで、全力でがんばろう」と思っていました。
次からは4人です

 19日の朝、自分の番号が「14」と決まりました。選管からの許可証などの到着を待って、岩田さんのアナウンサーで出発しました。初日はできるだけ自分の声で挨拶したいと考え、午前中は南加茂台を中心に回り、そのあと旧加茂町地内をJRの東側を流し宣伝をして回りました。私がお昼ご飯を食べている間には当尾をまわってもらい、昼過ぎからは梅美台・州見台。いったん5時過ぎに事務所へ戻ると「無投票」の話しが。最終的には、選挙事務所に5時半に「定数22人の所に22人の立候補でしたから、無投票となりました。これ以降は選挙活動は一切しないで下さい」と、正式に連絡が入りました。思ってはいたものの、無投票ってどうなんでしょう。


 近所の人たちや応援してくれていた友人からは、「おめでとうなんか、そうじゃないのか、中途半端な感じやね」と言われました。また、「選挙の間はうるさいなって思うけど、候補者カーが回っている事で、候補者の考えや公約を耳にする事ができるから、必要やで」と複数の方たちからも聞きました。

 なにはともあれ、4人の議員団に回復しました。4年間精いっぱいがんばります。



2015/04/18

事務所開きしました

4月18日(土)

 今日はとっても良いお天気でした。久しぶりの主婦日和。お洗濯物がよく乾きました。と言っても、わが家はおばあちゃんが取り込んでくれるのですが。その自宅で選挙事務所開きをしました。お隣さんやお向かいさんがご好意で「ガレージ使って良いよ」と貸して下さいます。本当にありがたいことです。
自宅が選挙事務所です

 いよいよ明日が市議選の公示日。精一杯がんばります。


 今日は政党カーも来ていました。
大河原としたか参院予定候補


 弁士として大門みきしさんが来ていました。初めて会う大門みきしさんとツーショットの写真が撮れなかったのが残念。今度はいつ会えるかな。

2015/04/13

次へつないで

4月13日(月)

 京都府会議員選挙、みなさんに応援いただきありがとうございました。残念ながら松田さんを府議会へと送り出すことができませんでしたが、一緒に回るなかでいろいろな意見・要望が強いこと、願いを届ける議員は必要であることを実感しました。
 候補者活動が短い期間だったにもかかわらず、精力的に各自治体の首長と面談してまわった松田たかえさん。事務所の責任者を含め、回りの人たちが風邪などで体調を崩しているのに、朝から晩遅くまで元気に選挙運動をこなしていた松田たかえさん。

 今朝も酒井さんと二人で、府会議員選挙の結果を受けて、お礼の意味もあり加茂駅に立ちましたが、とても寒かったです。
 ご本人に「お疲れ様でした」と言うのと、応援していただいたみなさんにあらためてお礼を申し上げます。


 次はいよいよ私たちの選挙が控えていますし、がんばっていきますので、引き続きの応援をよろしくお願いします。

2015/04/11

平和の願いは松田たかえさんへ

4月11日(土)

 長いようで短かった府議選もあと少し。寒い最終日でした。
 それでも松田さんは元気。最後まで気力・体力・知力、どれを取っても十分の素晴らしい候補者です。私たちの代表として、府議会で活躍してほしい人物だと改めて思いました。

 明日は久しぶりに暖かくなりそう。みなさんの平和を願う1票を松田たかえさんに託して下さい。お出かけ前には、ぜひ投票に行きましょうね。

寒さが一番の敵でした

団ニュースでもお知らせしましたが

4月10日(金)

 議員団ニュースにも載せていますが、こちらにも載せたいと思います。
 母たちの強い願いです。



 先日久しぶりにあった知人と選挙の話をしました。彼女は前の仕事のお客さんだった人で、中学生と高校生の男の子が二人いて、ご主人は外資系の薬品会社に勤めています。後援会ニュースは届けているものの、いつも子どもの話ばかりで政治の話はあまり具体的にしたことがありませんでした。
 「今の安倍政権はひどいと思わない?このままだと日本が戦争に向かって行ってしまう。なんとしても止めないと」と話すと、「今の安倍政権は大嫌い。私は自分の子どもが戦争に行かされることになるなんて、絶対に嫌だし許せない」と憤慨していました。
 「子どもにはいつも言っている。お母さんはあなたたちがとても大事だから、もしも戦争に連れて行かされそうになったら、手か足か折ってでも、体が不自由になってでも行かさない。命が一番大事、絶対に阻止する」
 普段穏やか彼女とは別人のような話の内容で、正直たじろぎました。彼女の強い決意。そして、母がわが子の手を折って大けがをさせる場面を想像してしまいました。
 母子家庭で二人の子(小6と小4)を育てている知人は、夫を6年前に突然死でなくしました。最近「ブラック企業」と言われ注目されている会社に勤めていて、過労死でした。「この子たちを必死で育ててきた。もし戦争に行くことになると想像するだけで、パニックになりそう」。安倍政権はこの「母の思い、願い」をいったいどのように考えているのでしょうか。
 もともと二人とも共産党の支持者ではなかったと思います。彼女たちのように戦争は嫌、今の政治で、わが子を守ることができるのは共産党しかいない、その共産党に頑張ってほしい。そう考える人はたくさんいます。

 私も子どもを戦地に送り出すことなんかしない。でも私が彼女たちと違うのは、日本を戦争する国にさせない、そのために全力を尽くすこと。それが私の決意です。

2015/04/04

戦争立法はだめ

4月4日(土)

 子どもの頃はエイプリルフール(4/1)を楽しんでいましたが、大人になってからはやはりそれもなくなりました。「嘘を楽しむ」そんな余裕が無くなったのでしょうか。気付けばどんどん日が過ぎて行きます。

 昨日から始まった京都府議会議員選挙。松田たかえさんと一緒に候補者カーに乗ってきました。昨日の初日はあいにくの雨でしたが、今日は暑いくらいの良いお天気でした。暑さで一気に桜も開きました。来週の入学式まで花が保っていてくれたら良いのですが。
 街宣の中で「戦争はダメ。自民公明による戦争立法なんてとんでもない。子どもたちの未来に、戦争する国は渡さない」そんな話をします。ついつい気持ちが入り過ぎてしまいますが…。


 途中で他候補の宣伝カーとすれ違いました。「どの地域でも安心して医療が受けられるように」と言っていました。自分は「老人医療助成制度の存続を府に求める請願」の反対討論までして否決しているくせに、です。
 市民の願いをしっかり届けられる議員を選ばなくては、本当にもったいない話です。


 

2015/04/02

松田たかえさんをよろしく

4月2日(木)

 今日の日中は良いお天気だったのが、午後から風が強くなってきて、いよいよ雨が降り出しそうです。雨の選挙戦、腕カバーをしても雨の中で選挙カーでの「手振り」はつらいものです。主婦としても雨が続くと、洗濯物が気になります、

 明日は府会議員選挙の公示。松田たかえ号が走っていたらぜひ手を振って下さいね。