2015/05/14

母の日のプレゼント

5月13日(水)

 就職で東京に行っていた娘が、GWの3〜5日に帰って来ていました。一緒に買い物に行って弟の洋服を見立ててあげたり、鞄を買ってあげたりと、おばあちゃんも「あんなに仲良かったっけ」と聞くぐらい、楽しそうに過ごしていました。
 「なんか必要なものがあるんだったら買ってあげようか?」と聞くと、「名刺入れがいるようになると思うんだよね」と。何軒か見ていても、なかなか欲しいものが決まらなかったのですが、ハンドメイドの革細工を売っているお店に連れて行かれ「欲しいとしたら、これかな」と言います。
 値段が6400円…。まぁ「なんか買ってあげる」とは言ったけれど、相変わらず高いものを見つけてくる娘です。

 その娘から滅多にない電話がかかってきました。「がらがら(抽選)で、カーネーションが当ったから送るし。明日着くわ。間違って持って来てたカーテンも送り返すからね」との事です。翌日届いたカーネーションは、会派室が寂しいので持って行きました。
 同じ日に届いたレースのカーテンは、箱が小さい割に重たいなと思っていましたが、そのままにしていました。それを今日開けてみると中に小さな袋が入っていました。お菓子に見立てた入浴剤です。
レースのカーテンの下にあった袋

 「今日開けて気付いたわ。ありがとう」とメールを送っておくと、「おばあちゃんと兼用だからね」との返事。「なんやそれ。了解。おばあちゃんにも言っておくわ」

 でも成長してきたのかな、と思い嬉しいプレゼントでした。