2015/09/12

市長の謝罪

9月12日(土)その2

 先週、木津川市での個人情報漏えいのニュース。4日の京都新聞朝刊に載り、10時半に記者会見、夕方のニュースや夕刊で内容が流れいたというのが先週の話でした。
 1、DV被害者(妻)の転居先をもともと夫が知っていて確認させてしまった。2、何らかの方法で気付いていたのを市役所の職員が正確な住所を教えてしまった。3、知らなかったのにご丁寧に住所を記載したコピーを渡した。いろいろとはっきりしないままに情報が行き交いました。実際には「はっきりとは知らなかった住所の番地を記載した書類のコピーを職員が渡してしまった」ようです。

 そして8日(火)の一般質問が始まる前の議会の冒頭に、市長からの謝罪がありました。「たいへんなご迷惑をおかけしたことを心よりお詫びします」(詳細は市議会9月8日一般質問、さくら会谷口議員録画配信冒頭部分)
 市長はDV被害者への謝罪と今後の対応などは口にしていますが、一番みんなが知りたかった「3月に漏えいがわかっていたのに、なぜ今頃の公表と謝罪なのか」について語ることはありませんでした。そういう私も「マイナンバー」の一般質問の時に「個人情報保護」を関連づけて追及せずに終わってしまったので、大失敗です。

 


0 件のコメント:

コメントを投稿