2015/10/02

新しい教室

10月1日(木)

 午後から降り出した小雨の中、夏休み期間を利用して新しく出来上がった放課後児童クラブを2カ所見てきました。
 州見台はまだ利用されておらず外観の写真を撮ってきました。学校が終わるか終わらないかの時間に行きましたので、指導員だけで子どもたちの様子はわかりませんでした。教室の広さとしては十分なのかもしれませんが、回りに張り巡らされたフェンスが気になります。
フェンスの意味は…

奥から見ている酒井さん



 梅美台は利用が始まった所だったので中の写真(2F)を撮ることができました。梅美台は待機児童が多く、4年生の待機があるそうで、今でも高学年は利用できていません。
2Fのまだ子どもたちが来る前の教室

 見に行った時はちょうど雨で、新しい教室に行く時に一度雨がかかる場所を通っていきます。以前も玄関口の雨除けにテントを張って工夫してたのを思い出しました。今回ももう少しひさしを大きく取るか、雨よけのための軒を作るかしたら良かったのにと話しました。指導員の先生たちも大変だと思います。
雨がキツいと玄関へ吹き込むのでは?


 現場の声がきちんと反映されないままだと、せっかくの新しい建物も「使い勝手の悪いもの」のままです。今後に向けての課題がまだまだ多いと感じました。


0 件のコメント:

コメントを投稿