2015/12/31

今年もお世話になりました

12月31日(木)

 2015年も終わろうとしています。今年は特に政治的にいろいろありました。一番大きいのはやはり「戦争法(安保関連法)の強行採決」です。加えて原発の再稼働。

 29日に福島県南相馬市から避難してきているFさんとじっくり話をしました。あの3.11から生活が一変してしまったこと、地域がコミュニティが分断されたこと、今までの苦労がこれからもまだ続くであろうことなど…。
 話しながらその芯の強さに、私ならそこまで頑張れるだろうかと考えてしまいました。でも、だからこそ少しでも支えていきたいし、私なりにできることでしっかり事実を発信していきたいと思いました。
 「フクシマ」は何も解決していません。そしてこれからも目に見えない放射能におびえ、その影響を受け続けて暮らし、影響を受けている事実を次々と目の当たりにすることになるでしょう。私たちに何ができるのか。何もできない私たちは、原発を動かさず、廃炉に向けて人間の英知を結集することが一番大事なことです。
 Fさんは若い頃から公害問題に取り組んできたそうです。公害問題に替わって「これからは原発問題にずっと取り組むことになるでしょう。そういう運命なんですね」と話していましたが、自分のやるべきことを知っている『強さ』をひしひしと感じました。

 来年は「アベ政治を許さない」を合い言葉に、しっかりと頑張っていきます。どうぞ来年もよろしくお願いします。

 良いお正月をお迎え下さい。


0 件のコメント:

コメントを投稿