2016/03/17

3日間の一般質問、終了

3月17日(木)

 15日から3日間あった一般質問が終わりました。今回は代表質問があったので、一般質問は13人が行いました。
 わたしは2問だけでじっくり取り組むことにしたつもりが、結局いっぱい言いたいことがあって、酒井さんからは「たくさんの事を全部言った感があった」と指摘されました。あ〜、またやってしまった、という感じです。
 それでも、あれも言い忘れたこれも言えなかった、とも思うのですが。


 最初の頃は時間がなくなって、議長から「発言を許しません」と言われた事もありました。また、自分のが発言時間がなくなってしまってから、市長の答弁を聞かされて終わりになることも。私にしたら、そんなこと「聞きたくないわ」と感じる事もありました。

 市民がどんな思いでいるか、何を望んでいるか、市長自らが出向いて話を聞く事などなかなかできません。議員は市民から困っている事、こんな風になったら良いと思うことなどいろいろ聞きます。それを伝えるのが仕事でもあります。耳の痛い話が多いけれど、せめて知る努力はして欲しいものです。
 息子に今回も市長から「いろいろ提案してくれるけど、何でもかんでもできません、みたいに言われた」と言うと、「改善されてないから、こうしたらって言うねんやろ。ええんちゃう、何度でも言ったら」「ほんまやね」
 時々妙に納得するコメントがもらえます。でも、わが家の子どもたちは傍聴に来たことがありません。「なんかおいしいもの食べに連れて行ってあげるから」と言えば来るのかな。まぁ、傍聴に来ていたら手厳しいコメントになりそうだから、今のままでもいいかな…。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿