2016/09/28

政策提言と付帯意見

9月28日(水)

 台風の影響で一日ずつずれてきた決算委員会の4日目、自由討議を行ない政策提言と付帯意見1件ずつを採択して終了しました。
 政策提言は民主未来クラブから出された「基金果実を活用した『市民公募型協働事業』を創設し、平成29年度執行に取り組むこと」、付帯意見は自民党議員団から出された「職員ができる業務までコンサルタントに委託する事業が多々ある。職員の育成や行財政改革の見地からも内容を検証し、必要に応じて見直すこと」。

 党議員団から出された付帯意見案の「補助金支出団体の自立を促すために、補助金交付は条例どおり適正に行うこと」と「職員の健康管理を徹底すること。月45時間以上の残業をなくすこと」は2件とも却下。
 「補助金…」は条例ではなく、言いたかったのは“規則”だったという初歩的なミスで意見も噛み合ず、終わってから気づくという失敗。「職員の…」は会派の中で割れた民主未来クラブの長岡・河口両議員が反対に回ったので、というのが実情。ちなみにさくら会と公明党は付帯意見は3件とも反対。

 今、各地で議員とは何ぞや、の議論がなされているのに、行政側に対しての付帯意見にも反対とは…。議会としての意志を伝えるために決算委員会の予備日(4日目)を使って自由討議をしているのに、「何でも反対」は困ったものです。

2016/09/19

赤田川の樋門工事

9月16日(金)

 今日は午前中に中学校の体育大会を見に行って、午後から赤田川の工事現場を見に行きました。前回はまだ寒い1月でしたから8ヵ月も過ぎてしまいました。通るたびにどんどん形が出来上がって行くのを見ていました。


木津川本流への流路を作っています

 赤田川の樋門工事は国が行なっている場所、京都府が行なう部分、それらがすべて仕上がって完成します。一昨年ほどの集中豪雨がなかったので、工事も遅れることなく進んでいるようです。最後まで事故もなく進捗することを願います。

2016/09/14

月曜からは一般質問

9月13日(火)

 8日の補正予算委員会、最近は「ガス抜き」なのかと思う時があります。行政側もいくら委員会の中でいろいろ言われても、可決されたらこちらのもの、とばかりに「議会でご可決いただきました」を繰り返します。まぁ、「ご可決」しているのは議会なのですが。
6月の台風で被害があった当尾の大門、補正予算で
緊急に道路の復旧(土砂の搬出)が行なわれました

こちらも6月の台風、梅谷の農地の法面の崩落、水路の復旧

 昨日から始まった一般質問、今回は17人が行ないます。15日には「戦没者追悼式」、16日に市内の中学校の体育大会があるので、12〜14日と20日にあります。
 間に5日もはさんでいると、なんだか気が抜けてしまいます。それでも20日は酒井・西山、一人はさんで森岡の3人が行ないます。「共産党デー」です。
 しっかりと「一般質問」したいと思います。 

フェイスブック

9月7日(水)

 先月からフェイスブックを始めました。まだうまくできない「若葉マーク」状態です。ブログとフェイスブックと両方の管理は難しく、どちらも手抜き状態になりがちです。

2016/09/06

議員のすべきこと

9月6日(火)

 昨日は委員長として所属している厚生常任委員会がありました。国保・後期高齢・介護保険などの決算認定と、公設民営保育園の民営化への条例変更・建物の譲渡に関する議案などがありました。
 私は委員会の中での細かいやり取り(質疑)は、どれだけでも気の済むまでやって欲しいと思っています。ただし、事前にきちんと調べておいてほしいとも思います。
 今日の産業建設委員会が最終で、常任委員会が3つとも終わりました。3委員会とも傍聴を含めて思うことは、議員によって問題意識に差があり過ぎること、委員長にも違いがあり過ぎること。ひと言も発しなかった議員二人は評価にも値しませんが、質疑の内容がひどい場合もあります。他の議員の質疑をしっかり聞くことで勉強になる場合もあるので、せめて自分の所属している委員会でのやり取りはしっかりと聴いてほしいものです。横からおしゃべりやあくびが聞こえることほど、嫌な気分はありません。
 
 

2016/09/01

定例会が始まりました

9月1日(木)

 昨日から定例会(9月議会)が始まりました。昨日は決算報告や制度が変わって初めての農業委員19人の同意案件など、思ったより時間がかかりました。初日が終わってから広報委員会で今議会の広報のページ数などを決めるため、市役所を出たのが7時過ぎ。そのまま会議に合流したので、お腹がすいてたまりませんでした。
 木津川市議会は「予備日」を設定していますが、絶対に使いません。みんな「予備日」は議会がないものと思って、予定が入っているのでしょうね。職員の「無駄な残業をなくせ」と思っているのですが、市長、副市長他部長も時間がかかろうともその日のうちに終わらせるのがいいのか…。なんだかもやもやします。
 議員によっては「質疑しなくてもいいし、早く終わろう」と考えている場合もありますが、市長や教育長に“総括質疑”できるのは初日だけ。「黙って賛成」の議員はもとから問題意識がないのでしょうけれど。
 明日から常任委員会、特別委員会、一般質問、決算特別委員会と続きます。今回は特に補正予算の「新給食センター用地購入」が気になります。私は一般質問でも、子どもたちにとっての食育の意義も含めて給食問題を取り上げます。
 ぜひ、議会傍聴、インターネット中継を利用して市政に関心を持ってもらえたら嬉しいです。