2017/01/01

インフルエンザの新年

1月1日(日)

 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。



 昨年末の12月は、議会の日程が詰まっていたり、土日に会議が入ったりでとても忙しく過ぎて行きました。12月議会が21日に閉会してすぐに編集会議を重ね、24日には「こんにちは 日本共産党です(12月議会報告)」の印刷を始めるというハードスケジュール。25日には府党大会があり、26日には印刷の残りを仕上げてホッとしたら、火曜日から熱が出てダウン。
 医者に行った時にはなぜか熱が下がっていたせいで、自分ではインフルエンザの時の熱の出方だと思ったけれど検査をせずに風邪薬をもらって帰ったのが失敗でした。翌日は様子を見ようと一日家で寝てましたが熱が上がって38度を越したり、薬が効いてくると下がってきて37度ちょっとだったりの繰り返し。結局木曜日に再度診察と検査を受けて「インフルザA型」と診断されました。
 その日は点滴を受けて帰ったものの、発熱してから日が経ち過ぎていたせいか、金曜日まで相変わらず熱が上がったり下がったりしていました。こんなに長引いたインフルエンザは初めてです。

 今年は市役所内でもあまりインフルエンザにかかった人を聞いていなかったせいもあり、いったいどこでもらったのか…。
 インフルエンザのせいで、27日の広報委員会や介護保険事業計画策定委員会を欠席してしまいました。熱が出るのがもう一日遅かったら出席できたのに、と悔しい思いです。
 母からは「あのね〜、50代半ばですよ。体もそろそろ正直になります。気をつけて気をつけて思いやってね。年内最後の苦言です」とメールをもらいました。

 あ〜、あまり年齢のことは認めたくはないけれど体は正直です。今年は体のメンテナンスをしっかりしながら、委員会を欠席することなく息の長い議員活動ができるように頑張りたいと思います。

 みなさんにとって、今年も良い年でありますように。

0 件のコメント:

コメントを投稿