2018/04/07

京都府知事選挙その2

4月7日(土)

 最終日の朝早くにも関わらず、和束町まで来てくれた福山候補。まじめで優しい人柄が現れています。「リニアや北陸新幹線の延伸より、JR奈良線の複線化や町内を走るバスが欲しいとの声を大切にしたい。ゼネコンが儲けるだけの事業より、地元の人の望む道路や橋の改修を地元業者にしてもらい地域を活性化したい」など、私たちの願いをストレートに受け止めてくれる福山さん。


 明日の投票日には「日本の夜明けは京都から」の再来を願っています。
福島県南相馬市から自主避難している福島敦子さんも応援

京都府知事選挙その1

4月7日(土)
4月8日投票で京都府知事選挙が行なわれます。
3月にはまだ花が少なく寂しい感じです


4月に入って一気に芝桜が咲き始めました


候補者の福山和人さんは、とっても人情熱く行動力のある努力家です。「うそのない政治」をめざしています。
国会では出るわ出るわ。改ざん・廃棄・差し替え・教育への介入などなど。 私たち府民は真面目に3月の確定申告をして、納税して…。それなのに「国と地方は違うから」と平気で京都府民を裏切って自民・公明に相乗りする政党が存在するのが京都府です。
「中央とのパイプより、府民とのパイプをしっかりつなぎたい」

国会で活躍中の井上さとし参院議員も応援に駆けつけました

そんな中でも「おかしい!」の声が上がり、長年福山哲郎参院議員を応援していた方が「今度は福山和人さん」と、応援演説を始めるなど変化が起こっています。